自己破産の現実

自己破産の現実は

経済大国日本において、自己破産ってどれくらいの人がやっていることなのでしょうか?

経済が生きていく上での幸せ度に大きく関わると感じるからこそビジネスを起こしたり、挑戦してしまいます。

その結果、債務超過になったり決済不能状態になってしうわけです。

また、自己破産したらどうなるのか・・・そんな気になる所を少しまとめてみました。

 

自己破産するとどうなるのか?

自己破産をしたからといって、色々と日常生活に不便が有るかと言われれば全くないとは言いにくいですね。

特にクレジットカードなどの利便性やお得な厚遇は受けることが出来なくなります。

特に、ネット通販での買い物では、割高な代引きや銀行振込が必須になります。

最近では、コンビニ後払いというのもあります。

これは、信用情報が関係ないので利用できます。

また、ネットでの話ですが飛行機やホテルの予約なども不便ですね。

新幹線の座席指定は、カード会員であるととても便利です。

私も新幹線を使っていた頃はとても便利だったです。

今は、ほとんど自由席で気ままに飛び乗っています。

カード会員の優遇れれる機能で、便利さを利用し過ぎて破産してしまうというのも有るかもしれませんが、自己破産の原因の大部分は、現金借り入れなどの借金ではないでしょうか。

現金を借りてしまうことの敷居の低さ、気軽に借りてしまうということが大きな原因なので、ネットショッピングやカードを使った予約などの利便を失うことは不便な事だと思います。

あとは、自己破産についての誤解があると思いますのでそればひとつずつ解決していこうと思います。

私も色々と不便を感じていますし、自営業を再開するには大きな困難があるとも感じています。

そういったことは、細かく記事にしていきますね。

執筆者: