弁護士(べんごし)

弁護士さんは、破産者の代理人です。

代理人というのは、破産申し立てを行う法人や個人に変わって、手続きを行う人です。

一般的には、個人でも申し立ては行えます。司法書士も代理人になれるようですが、簡易管財は出来ないという制限も有る様ですので、弁護士さんに依頼するのが合理的だと思います。

私も、弁護士さんに代理人になってもらいました。

弁護士さんに代理人を務めてもらうと、申し立ての必要書類の作成や申し立てに実務、管財人との面談への立ち会いなど御任せで進んでいきます。これは、本当に助かりますし、安心できます。

安心というのは、確実に免責を受かられるという意味ではありません。

手続きや時間的な工程の全体像を把握するために色々な情報を与えてくれると考えてください。

先の分からない道をひたすら進むのではなく、ナビゲーターが居て一緒に歩いてくれることをイメージしてください。

あと、どれくらいで何があるか、前もって教えてもくれますし、不安な事は何でも聞いていいのです。

不安を払拭するということを求められる様な立場ではないとしても、不安なまま暮らす事も無いと思いますので弁護士さんに依頼して進める事をお勧めします。

破産管財事件に強い弁護士さんの探し方も有りますが、また別の機会にお話したいと思います。

執筆者: