自己破産に関わる人々

自己破産に関わる人々

破産というものは、その会社や代表者個人などの債務者と呼ばれる破産する側と、債権者と言われる取り立てる側があります。

この両者が金銭の貸借や未払いがあっての破産となる訳です。

そして、この破産という管財事件を裁く組織が裁判所です。

また、裁判所と破産法人や自然人の間に入る代理人があります。

代理人は、破産者が依頼して契約する事で、破産者の申し出を代理する業を行います。

また、裁判所は全ての破産に対して裁判官や書記官を対応させる事が現実問題不可能なので管財人という人を任命して実際の破産に至る経緯や、現状の資産について調査を行います。

この管財人は、普通の弁護士さんです。裁判所から委託を受けて調査する業を行います。

主なキャスティングはこんな感じですが、周りには、経営者の家族があります。家族には、妻の親なども関係したりします。

社員が居ると本人とその家族までもが破産の被害者になるということです。

あと、取引先やそのお客さんも影響を受ける事があります。

様々な人を巻き込んだ状態で破産手続きは、始まります・・・そして進んで行きます。

以下のメンバーも大きく関連する人達になります。

執筆者: